霊魂イエス ~イエス・キリストの真実~

●霊魂小説 霊魂通信

霊魂小説、霊魂通信とは、霊媒現象によって得られた小説や聖典、つまり霊魂によって書かれた書のことです。

と言うと、信じるか信じないかの世界になってしまいますが、私の場合は信じられました。

歴史とは、残っている資料から推測するしかないものですが、
霊魂小説・霊魂通信は、その時代、その偉大な師と共に活動された霊魂の証言、そのものなんです。

実在の人物の聖典では、ラ・ムー師、弁慶師の物語を読みましたが、
初めて読んだのは、「霊魂イエス」という聖典でした。

読み始めたときは、本当に興奮しました。

どんな宗教学者や創造豊かな小説家でも絶対に考え付かない説だと思いましたし、イエス師の奇跡も科学的に矛盾がなく説明できていると感じたからです。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

tag : イエス師 聖書 霊魂通信

イエス・キリストが地上に降下されていたということ【霊魂イエス】

”霊魂イエス” 上巻に続き、下巻が発売されました!

もったいなくて、じっくり時間をかけて読ませて頂きました。

この書は人類の宝です。


信じるか信じないかは人それぞれですが、信じられる人間からすれば、2000年以上経過した今、現代において新たな聖書が誕生したのです。

新約聖書にあるらしい、イエス・キリストの再臨、世の終わり
それが”今”だとしたら…。

そう思うと、事の重大さに恐ろしくなってきます…。



この書を初めて読んだ頃は、水波師の監修するHPを読みはじめた頃でした。

冷静に考えると”イエス・キリストの地上への降下”という人類の一大事です。


それが今、この時代、この日本に?
そんなはずないでしょ、と、
表面の意識は思いたがるのですが、ですが…。


あまりにも矛盾がないのです。

あまりにも他のスピリチュアル本とは異質の輝きを放っているのです。。。

信じざるをえないのです。


私の軽率な感想などどうでもいいことなので、まずは是非、書籍を読んで頂きたい!


 ※なか見検索では目次を閲覧できます。

霊魂イエス 上巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)霊魂イエス 上巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)
(2014/09/08)
水波 一郎

商品詳細を見る


霊魂イエス 下巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)霊魂イエス 下巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)
(2014/09/29)
水波 一郎

商品詳細を見る


再臨(Wikipedia)という言葉を調べてみると、「世の終わりのしるし」というものがあることを初めて知りました。

なんだか、この時代に当てはまることが多い気がするのは私だけでしょうか?


精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
FC2ランキング

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

tag : イエス師

「死後の世界で恋をして」 愛って?

新刊 「死後の世界で恋をして」を読みました!


死後の世界で恋をして 広告大


すごくリアルでした。

主人公は若くして交通事故で死にますが、残された恋人や家族の悲しみとは対照的に、未知の世界での生活に必死…。
物質の世界に残された恋人を想うよりも、そっくりな女性に惹かれたりと、驚きの展開が繰り広げられます。

これまで描かれてこなかった、リアルな”死”。

明日、死んだらこうなる・・・。
すぐ隣にある ”死” を身近に感じさせてくれました。



自殺願望のある方は必読です。
これを読めば、現実の世界でやり残したことに気が付くと思います。

ここで描かれている人々(霊魂たち)の心情で一番印象的だったのが、
物質世界を懐かしんで苦しんでいることです。

自由過ぎて絶望したりするのです。

この世では、仕事もしないで一生自由に遊んで暮らせたらどんなに楽しいかと思いますが、実際に死んで自由になってしまうと、努力して達成感を味わったり、欲しいものを手に入れたりということもないので、どうも虚しいようです。

これは、死なないと分からない感覚ではないでしょうか。。。

霊魂から聞いた実話を元にした物語、というだけあって、リアルな描写がすごいです。


読み終わると、死ぬことがぜんぜん怖くなくりました。

むしろ、楽しみになりました。

死んではじめにやるのは、、、顔を美人に変えることかな。
それから、言葉を使わないで会話したい。


でも、楽しみなのは、下に落ちなければの話。
生きているうちは霊的トレーニングをして、より上の世界に入れるように、頑張るしかないです。

あと、不自由を楽しもう。


最後はハッピーエンドでよかった!!

もしかして、二人はすぐそこにいたりして??




精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
FC2ランキング

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

tag : 死後の世界

ネコの死後はどうなるの?

雑誌「猫びより」の7月号に広告も掲載された新刊、

「ネコの死後はどうなるの?」

早速読ませて頂きました!

neko bana-

続きを読む »

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

tag : 霊魂 死後

満月 ブルームーン

新刊 「神伝鎮魂法」 を読みました。


私には、一度だけ読んでも素直に理解できるような内容ではありませんでした。
もっともっと繰り返し、一文一文噛み締めて読みたい・・・、
今はまだ、そんな感想です。


今夜は「ブルームーン」という珍しい満月だそうです。


この神伝鎮魂法を読んでから、
月を見ると心がギュッとなって騒ぎます。

罪悪感のような、そんな感じです。

月に帰りたい。
というか、幽界に帰りたいような感じです。


ブルームーンとは、素敵な響きですね。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体