はじめての集会 ③

鈍行で何時間揺られたろうか。

ようやく目的の駅に到着できた。
辺りは既に暗くなり始めている。
これから宿探し…、

ところが、これが難航、探すとなかなか見つからないものだ。
重い荷物に体力も限界だったので、まずひと休みしようとカフェに逃げ込んだ。

あれは何とかキャラメルラテだったか、あまりの疲労から、
人生で一番おいしく感じたコーヒーだった。

息のあがった真っ赤な顔でコーヒーを一気飲みする姿は、
さぞかし酷いものだったに違いない…。


休むと頭も働くようで、ケータイで探せばいいんだと気付いた。

普段ほとんど使わないケータイのウェブ機能を使ってホテルを探し
ようやく宿を確保できた。

あぁ、なんとかなって一安心。





翌日。

いよいよ集会の日がきた。


旅馴れない自分には、これでも大冒険だ。

もう少し、あとは会場まで歩くのみ。


集会まではまだ時間がある。
駅では献血の呼びかけをしていたので、時間つぶしとジュース欲しさに献血に行くことにした。


ひと休みして、いよいよ会場に向かう。


日時も、場所もここで間違いない。
本当に、いよいよだ。

どんな人がいるんだろう?
やっぱり宗教という感じなのか。。。
気味の悪いものだったらどうしよう。幻滅してしまわないか…。


何事も慎重で、マイナス思考な自分だ、色々考えてしまう。
それでも、うれしさでいっぱいだった。



いよいよ、会場に到着!


ところが、ちょっと想像とは違うのだった。

霊魂は居ると思いますか? - 真の霊媒が示す霊魂現象の真偽 (MyISBN - デザインエッグ社)霊魂は居ると思いますか? - 真の霊媒が示す霊魂現象の真偽 (MyISBN - デザインエッグ社)
(2014/01/06)
水波一郎

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

tag : 宗教