霊魂イエス ~イエス・キリストの真実~

●霊魂小説 霊魂通信

霊魂小説、霊魂通信とは、霊媒現象によって得られた小説や聖典、つまり霊魂によって書かれた書のことです。

と言うと、信じるか信じないかの世界になってしまいますが、私の場合は信じられました。

歴史とは、残っている資料から推測するしかないものですが、
霊魂小説・霊魂通信は、その時代、その偉大な師と共に活動された霊魂の証言、そのものなんです。

実在の人物の聖典では、ラ・ムー師、弁慶師の物語を読みましたが、
初めて読んだのは、「霊魂イエス」という聖典でした。

読み始めたときは、本当に興奮しました。

どんな宗教学者や創造豊かな小説家でも絶対に考え付かない説だと思いましたし、イエス師の奇跡も科学的に矛盾がなく説明できていると感じたからです。
今月Amazonから発売の新刊、「霊魂イエス 上巻」

予約して購入しまして、昨日やっと読み終えました。

とは言え、もう5年以上前にメールでの配信版を購読していたのですが、やっぱり何度読んでも胸に迫るものあります。

イエス師は、既に再臨していたのです。
見ることも感じることもできないかもしれませんが、この書、この通信はそれを証明しています。


※↓こちらは自費出版の形態ですが、商業出版されないのが本当に不思議です。

霊魂イエス 上巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)霊魂イエス 上巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)
(2014/09/08)
水波 一郎

商品詳細を見る



今でこそイエス師の偉大さが分かりますが、もともと、聖書など一度も読んだことがなかった、この私。
キリスト教の知識も皆無でした…。

興味がなかったのは、その多くのエピソードが、今の時代に信じられるものではなかったからです。

死後に蘇ったとか、処女懐胎といった信じられないことを聞くにつけ、おとぎ話や昔話と同じ、フィクションとしか考えていませんでした。


それが、この 『霊魂イエス』 を読んで180°変わったのです。


この書はイエス師の誕生から、死後霊魂として活動されているその真実の姿を示しています。

新約聖書にある生前の活動については上巻の前半に集約されていて、主に霊魂となってからのイエス師の活動が記されています。


無理やり信じ込ませるようなものではまったくない、
それでいて、これ以上の真実があるだろうかと思えるほどの説得力。


死後の復活、それは真実だったのです。
肉体はなくても…、イエス師は準備されていたのです。



下巻の発売も、もうすぐ。


霊魂イエス 下巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)霊魂イエス 下巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)
(2014/09/29)
水波 一郎

商品詳細を見る



精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
FC2ランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

tag : イエス師 聖書 霊魂通信