「死後の世界で恋をして」 愛って?

新刊 「死後の世界で恋をして」を読みました!


死後の世界で恋をして 広告大


すごくリアルでした。

主人公は若くして交通事故で死にますが、残された恋人や家族の悲しみとは対照的に、未知の世界での生活に必死…。
物質の世界に残された恋人を想うよりも、そっくりな女性に惹かれたりと、驚きの展開が繰り広げられます。

これまで描かれてこなかった、リアルな”死”。

明日、死んだらこうなる・・・。
すぐ隣にある ”死” を身近に感じさせてくれました。



自殺願望のある方は必読です。
これを読めば、現実の世界でやり残したことに気が付くと思います。

ここで描かれている人々(霊魂たち)の心情で一番印象的だったのが、
物質世界を懐かしんで苦しんでいることです。

自由過ぎて絶望したりするのです。

この世では、仕事もしないで一生自由に遊んで暮らせたらどんなに楽しいかと思いますが、実際に死んで自由になってしまうと、努力して達成感を味わったり、欲しいものを手に入れたりということもないので、どうも虚しいようです。

これは、死なないと分からない感覚ではないでしょうか。。。

霊魂から聞いた実話を元にした物語、というだけあって、リアルな描写がすごいです。


読み終わると、死ぬことがぜんぜん怖くなくりました。

むしろ、楽しみになりました。

死んではじめにやるのは、、、顔を美人に変えることかな。
それから、言葉を使わないで会話したい。


でも、楽しみなのは、下に落ちなければの話。
生きているうちは霊的トレーニングをして、より上の世界に入れるように、頑張るしかないです。

あと、不自由を楽しもう。


最後はハッピーエンドでよかった!!

もしかして、二人はすぐそこにいたりして??




精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
FC2ランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

tag : 死後の世界