ネコの死後はどうなるの?

雑誌「猫びより」の7月号に広告も掲載された新刊、

「ネコの死後はどうなるの?」

早速読ませて頂きました!

neko bana-

とにかく、登場するネコ達が徐々に、
「にゃー」という鳴き声だけじゃなく、会話するようになるのですが、
それがとてもカワイイ!

もうあの世に旅立っているので幽質の存在ですから、”言葉”ではないのですが、
地上にいる時とは違い、人間とも意思疎通ができるようなのです。

人間とは違い、どうも、進化とまで言える程の変化があるようです。

書籍の中の猫達+ワン(犬)は、幼い子供のように純粋。
それでいて危ないところも何とか乗り越えて進歩していく姿が胸を打ちます。

ネコと話せたらこんな感じなんだと、とても興味深かったです。


その、可愛いネコ達が幽界から地上に戻ってくると、悪気もなく、
人を死なせることは出来ないかと相談したりします。
それも”善い人”をです。

ネコ達が経験した死後の世界は、悪い人間が沢山いました。
だから、善い人が死ねばあの世には善い人が増える、悪い人は死なない方がよいと単純に思ったようです。
人間に比べると、知性がまだ乏しいようで…。

なんとも可愛らしいけど、恐ろしい発想ですね。

それでも、地上の人間からしたら透明ネコなので、ご主人様に会いに行っても、
学生の机の上でゴロゴロしても、ぜんぜん気付いて貰えないのでした。

そんなネコ達は”祈る”という行為で現状を打破していきます。
そして…。


私然り、ネコとは無縁の人でも、ネコ好きになってしまう書籍です。

ネコ達が出会ったような悪い人間には、決してなりませんように・・・。


精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想
FC2ランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

tag : 霊魂 死後