スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惹かれた理由

死後の世界のご案内から色々なページを読み進め、
ようやくトップページに辿り着いた。

   霊をさぐる


どうして、これは本物だと思えたのかというと2つの理由があった。


 ① いくら読んでも矛盾がない

 こんなに広大なHPなのに矛盾や誇張を感じない。
 
 例えば霊能力者がどうして霊視できるのかという原理を、分かりやすく解説してくれる。
 こんなサイトは、他では見たことがなかった。 
 

 ② 金儲け・勧誘という宗教的な怖さを感じない

 入会したいと思い始めた頃、なかなか入会案内に辿り着けなかった。
 そして、宗教法人ではないということ、退会は自由ということだったので、
 とても安心できた。



従来の宗教と違うのは明確に分かった。
マルチや怪しい自己啓発とまったく違うのは言うまでもなく、
綺麗ごとばかりで宗教ではないと言うスピリチュアルともぜんぜん違う。



これまでの霊的なものへの興味は、科学的な興味でしかなかった。
学生時代部活の顧問だった先生の影響が大きい。

その先生は化学を学ぶ上での倫理を教えていることもあって、化学的な知識以外でもキリスト教や仏教の知識も豊富な面白い先生だった。
そんな先生の元には霊感の強い生徒が不思議と集まるようで、遊びに行くと不思議な体験の話が尽きなかった。

幽霊を捉えられる装置が開発できたらとか、そんな話題で盛り上がったことを覚えている。



科学では解明できない不思議な現象は確かにあるに違いない。
そういうものを解明出来たら面白いのに…、という興味だった。

この広大なHP「霊をさぐる」も、物質の法則とは違う別の法則という意味で、科学的な印象を持ったことから惹かれ始めたように思う。


真実がひとつしかないとすれば、ここにしかない。
そう思った。


「霊魂は居ると思いますか?」
この書物は科学的な興味をも満たしてくれます。
科学的な視点、霊的な視点、こんなに公平な視点で霊的な現象を解説された本があったでしょうか…。

霊魂は居ると思いますか? - 真の霊媒が示す霊魂現象の真偽 (MyISBN - デザインエッグ社)霊魂は居ると思いますか? - 真の霊媒が示す霊魂現象の真偽 (MyISBN - デザインエッグ社)
(2014/01/06)
水波一郎

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

tag : 霊魂 科学的 宗教

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。